爪白癬の治療には爪皮膚科で抗真菌薬を投与してもらう

白癬菌と言えば水虫の原因菌で、足にいれば足白癬(水虫)で爪の中にいると爪白癬、身体に付くと体部白癬(タムシ。ゼニタムシ)頭につくと頭部白癬(シラクモ)、股に付くと股部白癬(インキンタムシ)と呼ばれます。
白癬菌は皮膚の角層や爪や髪の毛などの構成成分であるケラチンを栄養分として生きています。
痛みやかゆみがなくても、爪が白く濁ったり、分厚くなっていたりしたら、爪のなかに白癬菌が活発に増殖している可能性があります。
爪白癬は、市販の抗真菌薬を使用しても治りません。爪皮膚科で治療を受ける必要があります。
爪皮膚科では、まず爪の中に白癬菌がいるかどうかを確かめてくれます。
白癬菌がいると分かったら、殆どの場合飲み薬を処方してくれます。
飲み薬は、体内から血管をつうじて爪に抗真菌薬を届けますので、高い治療効果が期待できます。
爪白癬の治療薬をのんだからといって、すぐに爪白癬が、完治するわけではありません。
爪皮膚科で抗真菌薬を投与しはじめてから、爪の伸びる速度にもよりますが、3~6カ月間くらいの治療期間が必要です。
透明な爪に戻ったからと言って勝手に抗真菌薬を飲むことを止めると、まだ、白癬菌が爪に残っていて再発をする可能性があります。
医師に「完治しました」といわれるまで、根気よく治療を続ける必要があります。
爪に白癬菌が住みついている人は、殆ど足にも白癬菌が住みついていて、相互感染が多いのです。もともとは、足に住みついていた白癬菌が爪に感染したものだからなのです。爪の白癬菌がいなくなっても足に白癬菌が残っていれば、爪に新たな白癬菌を供給する事になります。
その場合は、医師は、爪の治療用の飲薬と足白癬治療用の外用薬を併用します。
両方の白癬菌が、いなくなってはじめて、治療が終了したと言えるのです。